キス100匹捌き

    【 お知らせ 2018-04-25 】
    とっても難題です。なかなか開拓が終わりません。引き続きH30年度もテスト続行です。
    mini dompo

    <製作開始番号>

    010

    キス100匹捌き具

    (開拓報告書)

    現在販売していません

    ●キス100匹を簡単に捌く道具です

    キス釣りで大漁に釣れたキスを簡単に捌く道具です。ストレスなく次々に捌いていきます。そんな道具を作ってみましょう。

    商品名 キス100匹捌き具
    在庫状況 ※カート画面で表示されます。
    価格 ○○○円(税抜)
    ○○○ ○○○○○○
    ○○○ ○○○○○○
    ○○○ ○○○○○○
    送料 円(送料の詳しい説明はコチラ!
    お問合せ この商品についてのお問合せはこちら
    パンフレット(印刷用PDF)

    キス100匹捌き具


    ○○○○:○○○○○○○○

    ○○○○:○○○○○○○○

    ○○○○:○○○○○○○○

    ○○○○:○○○○○○○○

    あれこれ写真集(アルバム)

    ◆完成品の各部写真集

    ◆製作工程の写真集

    ◆はちゃめちゃ試行錯誤写真集

    ◆ユーザーフィードバック情報集

    「キス100匹捌き具」

    投げ釣りの中でも、キス釣りは釣れたら大漁となります。大漁のキスは美味くてよろしいのですが、なにせ料理(捌く)が大変です。手際が良いキスの捌き方や料理方法の情報は数多くありますが、100匹を超えるとなかなか時間が掛かります。さらに200匹を超えるとため息がでます。
    今回は、その大漁のキスをサクサク捌ける「捌き具」を開拓します。大漁のキスをサクサク捌いて、大漁のキスにため息つくことなくキスを料理出来る。
    ・・・これを目指しましょう。
    「まずはキスの体の観察から・・・」

    まずはキスの体の観察から始めましょう。
    比較的大きなキスをカッターナイフで真っ二つにして、キスの体の「しくみ」を見てみました。
    キスを二枚に卸したのを、こんなに詳しく詳細まで観察したのは生まれて初めてですね。まずは捌き方の工夫が必要ですね。
    「キスの骨と肉を分離」

    まずはキスの体の観察から始めましょう。
    比較的大きなキスを水で湯がいて骨だけにしていきます。じっと観察しながらゆっくりと身を取り除きます。
    ・・・・・・・どうでしょうね?
    まったくアイデアは浮かびません。とりあえずはキス骨の標本を作って捌き方をゆっくり考えましょう。
    「まずは骨の観察から・・・」

    骨を取り出しました。
    少し壊れてしまいましたが目的は「捌き具」のための観察ですからOKです。これを見つめます。じっと観察します。
    ・・・・・・・どうでしょうね。糸口はなかなか見つかりません。とりあえずはキスの骨の構成と形は頭に入りました。
    「キス骨の標本完成」

    キス骨の標本完成です。
    まずは敵を良く知って捌き方を考えることから始めましょう。
    「キスの腹部分は三角形の骨」

    キスの骨を正面から見てみると腹の部分は三角形なのですね。たしか板前さんなどは魚の骨を完全に把握しているそうです。捌き方を考えるにはやっぱり骨を知らなければいけません。とにかくいろんな角度からじっと観察します。
    ・・・・・・・ですが。これだっという糸口は見つかりません。そこで次の手段はキスをいろんな捌き方で無計画に捌いてみることに!
    「毎日が骨を見つめる日々(ディスクトップ背景画像)」

    平日は毎日が骨を見つめる日々が続きます。とうとう会社のパソコンのディスクトップ背景画像もキス骨に・・・。

    それでも解決策は浮かびません。
    したがって、前回に決めた、とりあえず何も考えずに無計画にキスをいろんな捌き方で捌いてみる作戦に移行です!
    「キス釣りトーナメンターさんの協力体制」

    キスを毎週のように捌きテストします。
    必要となるのが実験用の大量のキスです。これについては知り合いのキス釣りトーナメンターさんの協力で、毎週土曜と日曜に約100~200匹ずつが入手可能となっていました。シーズン全体でキス捌きの基礎実験をしたので、おそらくは今日現在までに5千匹はテストしてきたと思います。
    「構想器具の基本動作テスト」

    構想している捌き具を簡易に試作してみて基本テストしてみました。 成果はこんな感じです。身残り少なく良いのではないでしょうか。(^^)

    しかも内臓の袋も破けないので台所が綺麗で水道水もほとんど使いません。 順調に開拓進行しています。
    「着々と進んでいますが、まだまだ試行錯誤中です。」

    2014年に試行錯誤を始めましたが、まだまだ試行錯誤中です。かなり着々と進んできましたが、もっと良いアイデアも浮かんだりして、まだまだ構想も二転三転しています。
    2018年の秋頃には何らかの開拓品を作り上げたいと思います。
    最終的には、キスのウロコがサクサクと楽しく取れて、キスがサクサクと愉快に捌いていけるような、そんなキス料理でのキス限定での「捌き治具」を開拓したいと思います。
    (頑張りま~す)