スリッピー スリッピー
    mini dompo

    <製作開始番号>

    011

    slippy(スリッピー)

    (開拓報告書)

    販売しています

    ●依頼内容

    投げ釣りのオモリにおいて、浮力体を極力使わないで引き重りが極端に軽いものを試したい。


    ★開拓の感想★

    (1回目プロト)
    初期型のスリッピーⅠは、無垢オモリ(鉛)に特殊コーティングで、引き重りは軽いものでしたが徐々にコーティングが摩耗して断念。


    (2回目プロト)
    その次のスリッピーⅡでは耐摩耗シートを貼る事により摩耗も解決し引き重りも大幅に達成。
    ・・ですが、「逆に軽すぎるっ」という理不尽なクレームが発生。
    (3回目プロト)
    そこで、折角の性能を活かすために、全体はツルツルのままで、オモリ最後尾の「1点集中」で抵抗部を付けて「操作性」の向上を狙いました。結果的に良いところに落ち着いた感じです。
    (4回目プロト)
    残りの諸問題を一つずつ解決しました。(鉛の成型精度、シート剥がれ防止、装着バネのサイズ調整、ステンレスパイプ切断部の腐蝕対策、その他諸々)
    二転三転しましたが結果的には出来上がりましたので軍資金供給源として販売とさせて頂きます。
    開拓経緯はブログに残っていますので是非見てみてください。 <開拓番号011ブログ>

    タイプ 【slippyⅡ(ブラタイプ)】
    号数 ライト 級(25号/26号/27号) ※外径φ15.6mm
    ミドル級(28号/29号/30号) ※外径φ16.6mm
    ヘビー級(31号/32号/33号) ※外径φ17.6mm
    在庫状況 ※カート画面で表示されます。
    価格 税抜価格
    (ネット価格は800円~1000円程度となります)
    (店頭価格は1000円~1200円程度となります)
     ※現在、材工積算中です。
     ※2018年12月に発売開始予定です。
    ライト級

    (φ15.6)
    (L=84)
    25号 ー 円
    26号 ー 円
    27号 ー 円
    ミドル級
    (φ16.6)
    (L=85)
    28号 ー 円
    29号 ー 円
    30号 ー 円
    ヘビー級

    (φ17.6)
    (L=86)
    31号 ー 円
    32号 ー 円
    33号 ー 円
    送料 600円(送料の詳しい説明はコチラ!
    お問合せ この商品についてのお問合せはこちら
    タイプ 【slippyⅡ(固定タイプ)】
    号数 ライト 級(25号/26号/27号) ※外径φ15.6mm
    ミドル級(28号/29号/30号) ※外径φ16.6mm
    ヘビー級(31号/32号/33号) ※外径φ17.6mm
    在庫状況 ※カート画面で表示されます。
    価格 税抜価格
    (ネット価格は900円~1100円程度となります)
    (店頭価格は1100円~1300円程度となります)
     ※現在、材工積算中です。
     ※2019年1月に発売開始予定です。
    ライト級

    (φ15.6)
    (L=84)
    25号 ー 円
    26号 ー 円
    27号 ー 円
    ミドル級

    (φ16.6)
    (L=85)
    28号 ー 円
    29号 ー 円
    30号 ー 円
    ヘビー級

    (φ17.6)
    (L=86)
    31号 ー 円
    32号 ー 円
    33号 ー 円
    送料 600円(送料の詳しい説明はコチラ!
    お問合せ この商品についてのお問合せはこちら
    タイプ 【slippyⅡ(半ブラタイプ)】
    号数 ライト 級(25号/26号/27号) ※外径φ15.6mm
    ミドル級(28号/29号/30号) ※外径φ16.6mm
    ヘビー級(31号/32号/33号) ※外径φ17.6mm
    在庫状況 ※カート画面で表示されます。
    価格 税抜価格
     ※現在、材工積算中です。
     ※2019年3~4月に発売開始予定です。
    ライト級

    (φ15.6)
    (L=84)
    25号 ー 円
    26号 ー 円
    27号 ー 円
    ミドル級

    (φ16.6)
    (L=85)
    28号 ー 円
    29号 ー 円
    30号 ー 円
    ヘビー級

    (φ17.6)
    (L=86)
    31号 ー 円
    32号 ー 円
    33号 ー 円
    送料 600円(送料の詳しい説明はコチラ!
    お問合せ この商品についてのお問合せはこちら
    タイプ 【slippyⅡ(半固定タイプ)】
    号数 ライト 級(25号/26号/27号) ※外径φ15.6mm
    ミドル級(28号/29号/30号) ※外径φ16.6mm
    ヘビー級(31号/32号/33号) ※外径φ17.6mm
    在庫状況 ※カート画面で表示されます。
    価格 税抜価格
     ※現在、材工積算中です。
     ※2019年4~5月に発売開始予定です。
    ライト級

    (φ15.6)
    (L=84)
    25号 ー 円
    26号 ー 円
    27号 ー 円
    ミドル級

    (φ16.6)
    (L=85)
    28号 ー 円
    29号 ー 円
    30号 ー 円
    ヘビー級

    (φ17.6)
    (L=86)
    31号 ー 円
    32号 ー 円
    33号 ー 円
    送料 600円(送料の詳しい説明はコチラ!
    お問合せ この商品についてのお問合せはこちら
    タイプ 【slippyⅡ(カスタムタイプ)】
    号数 ライト 級(25号/26号/27号) ※外径φ15.6mm
    ミドル級(28号/29号/30号) ※外径φ16.6mm
    ヘビー級(31号/32号/33号) ※外径φ17.6mm
    在庫状況 ※カート画面で表示されます。
    価格 税抜価格
     ※現在、材工積算中です。
     ※2019年4~7月に発売開始予定です。
    ライト級

    (φ15.6)
    (L=84)
    25号 ー 円
    26号 ー 円
    27号 ー 円
    ミドル級

    (φ16.6)
    (L=85)
    28号 ー 円
    29号 ー 円
    30号 ー 円
    ヘビー級

    (φ17.6)
    (L=86)
    31号 ー 円
    32号 ー 円
    33号 ー 円
    送料 600円(送料の詳しい説明はコチラ!
    お問合せ この商品についてのお問合せはこちら

    お知らせ


    2018-11-14:slippyⅡのホームページ公開(販売準備中)
    2018-10-14:slippyⅡのプロトテスト(4回目) ※製作上の問題解決
    2018-09-15:slippyⅡのプロトテスト(3回目) ※目的達成
    2017-10-05:slippyⅡのプロトテスト(2回目) ※成功なれど失敗
    2017-09-10:slippyⅡの開拓開始 ※方針転換
    2017-10-15:slippyⅠの開拓断念 ※摩耗の課題解決できず
    2017-07-29:slippyⅠのプロトテスト(1回目)
    2017-07-09:開拓番号011のホームページ開始
    2016-08-10:開拓番号011で開拓開始
    取扱店舗リスト

    まだありません :○○県○○市

    まだありません :○○県○○市

    まだありません :○○県○○市

    まだありません :○○県○○市

    まだありません :○○県○○市

    まだありません :○○県○○市

    あれこれ情報集(アルバム)

    ◆○○○についての情報

    ◆○○○についての情報

    ◆○○○についての情報

    ◆スリッピー ブログ(新情報などを都度紹介)

    「slippyⅡの概要」

    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ

    キス釣りでは糸電話のようにオモリと繋がるラインから情報を読み取っていきますが、そのオモリの「引き心地」を探求していこうと思います。まずは引き重りが軽いことと操作性を課題としてみています。
    スリッピーⅡはテスト段階で一旦は想像を超える引き重りの軽さとなりました。氷の上を滑ってくる感じで軽すぎて逆に使えないほどでした。
    その滑り過ぎ対策として多少の抵抗を持たせることになりましたが、その特別な性能を残すために、オモリ表面はツルツル滑るままとして、オモリ最後尾の尻尾(テール)1点だけに摩擦抵抗となるバネを付加する事で、アンカーのような「点」での作用としました。こうする事により、従来とはちょっと違った性格のオモリとならないかな?と思って作ってみました。実際には物理的には従来とは違った不思議な操作性(引き心地)になっています。
    また、スリッピーⅡは、号数の微調整程度の浮力体しか付加していませんので、従来とはちょっと性格が違う新しい種類のオモリとなっています。実釣でどんな効果となるのか解りませんが、その新しいタイプの「引き心地」を是非お試しください。何かの新しい釣り方に繋がるかもです。極端に引き重りが軽いので、特には柔らかめの竿を使った釣り方には適しているのでは?とも思いますが、いろいろ試してみて頂ければ面白い活用方法があるかも?です。
    引き重りのイメージ比較

    測定状況の写真

    スリッピーⅡの引き重りイメージ図です。単なる引き重りの負荷を数値化しただけですので引き心地の性格を表すものではありません。グラフでは単に軽いか重たいかだけのイメージです。
    簡易にジャンル分けしてイメージとして比較していますが、オモリのタイプによって大きく変動しますので単なるイメージとして参考程度でみてください。(スリッピーⅡのテールバネは未装着状態でのイメージです。)
    今回、測定してみて解った事は、人間の感覚での引き重りが「軽い」とか「重たい」とか感じるって事を数値化してみると、引き重りの重さのデータ割合では、その差が4%差では若干感じられるようになり、8%差では明確に人は感じるようになる事がなんとなくわかりました。そんな感じでグラフから違いを読み取ってみてください。
    「構造・作用」

    slippyⅡの構造や作用を図示しています。
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ

    上図オモリで引いている時のシッポ側(テール)には脱着可能なテールバネがあります。このバネを外すと、まるで氷の上を滑らせてるかのようにオモリが感じられなくなります。そこでこのシッポ部分にテールバネを取付ける事により、最後尾一点のみに摩擦抵抗を与えることで、不思議な感覚の引き心地(操作性)となっています。
    まだ、物理的な違いがある事が明確に証明できているだけです。実釣りでの活用としては未知の状態です。
    (是非、実釣りでの活用方法が見つかっていく事を期待しています。)
    「テールバネの脱着」

    テールバネの脱着方法を説明します。
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ

    テールバネは、バネ自体は軽いことから、キャスティングの遠心力では外れません。・・・ですがバネの挟持力による一定の摩擦力により固定されていますので、ちょっとしたコツがあります。
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ

    このようにテールバネのバネ後方端部を親指の爪で引っ掛けてバネを回しながら押し込むとバネが緩んで簡単に奥まで装着出来ます。脱する時は爪でバネ周囲を少しづつずらして外してください。
    「オモリ表面コートの耐摩耗性・耐久性」

    スリッピーⅠ(塗膜タイプ)からスリッピーⅡ(シート巻タイプ)になり、摩耗による性能低下は格段に改善されました。数値データでは若干抵抗値の変化が見られますが、人間の感覚では性能低下は感じられないレベル範囲内です。
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ

    ただし、耐摩耗性ではあるものの柔らかく粘りがある樹脂ですので、石・砂利のような硬く鋭利な海岸や岩場などでは傷が付いて性能低下したり、もしくは破損することもありますので予めご了承ください。衝撃には弱いという性質は避けられません。ので砂浜専用としてご使用ください。また投げる時に流木などの障害物に当てると表面コートに亀裂が入ることがありますのでご注意ください。
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ

    ただし普通の砂浜であれば特に問題なく継続して使用できるかと思います。多少の経年劣化はあると思います。表面シートは、何らかの要因でシート全体が剥げる事も考えられます。万が一シート全部が剥がれたとしてもステンレスパイプ製のオモリとして、そのままご使用になれますが、剥がれた場合は例えば下記写真のようにご自分でラメシート(既製品 テープ幅50mmがそのまま使えます。テープ厚は0.3mmまで。)などを貼り直してオリジナルオモリとして継続してご使用も出来ます。
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ

    ★注意事項★
    シート剥がれに対しては試行錯誤を繰り返し対策してきています。ほぼ解決しているとは思いますが、品質保証としての確実性は約束する事が出来ません。予めご了承の上、ご購入の判断を願いします。
    (シート剥がれに関しては確実な品質保証が困難であることを前提としての販売とさせて頂くことを予め確認の上ご購入願います。)
    「各号数の寸法や構成」

    スリッピーⅡは、直胴部は全て50mmで統一しています。号数調整をどうしているかと言うと、重量級毎に直径を変えています。ライト級(φ15.6)、ミドル級(φ16.6)、ヘビー級(φ17.6と)としています。
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ

    さらに各級内の号数調整は僅かな重さ調整剤の量で微調整しています。
    【数値データ】
    タイプ 号数 重量 全長(直胴部) 直径
    ライト級 25号 94g 84mm(50mm) φ15.6mm
    26号 84g
    27号 101g
    ミドル級 28号 105g 85mm(50mm) φ16.6mm
    29号 109g
    30号 113g
    ヘビー級 31号 116g 86mm(50mm) φ17.6mm
    32号 120g
    33号 124g
    「形状と飛距離」

    いろいろ試行錯誤して検討した結果、sllpyⅡの直径は若干太めとしています。さらに飛行時の先端形状も敢えて尖らせずに真球形状としました。いろいろ考えた結果の判断です。
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    「slippyⅡのタイプ紹介」

    slippyⅡ(ブラ天秤タイプ)
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    一般的にいうオモリと天秤が別々の構成で連結して使うためのオモリです。別途、自由にご自分の天秤を装着(天秤側に付いているスナップに装着)してください。
    slippyⅡ(固定天秤タイプ)
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    オモリと天秤が一体構成のオモリです。固定天秤は一般的に感度は良くないが良く飛び針掛かりが良いと言われます。主軸と腕の長さは15cmとした一般的な長さです。
    スリッピーⅡは、引き重りが軽いので固定天秤のジャンル内でも感度はTOPクラスです。理由その2として線材(主軸)の鉛との固定位置を深い位置で固定しているので主軸の振動性が高い事が考えられます。十分な感度向上が見られています。
    slippyⅡ(半ブラ天秤タイプ)
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    オモリと天秤が別々の構成とする場合で、スナップを介さずに直結するオモリです。 一般的な半ブラ天秤の性格は、ブラ天よりも飛行姿勢の安定が早く飛距離が期待できると言われている構成です。
    (現在準備中です。順次公開します。)
    slippyⅡ(半固定タイプ)
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    半分固定する構成のオモリです。
    (現在準備中です。順次公開します。)
    slippyⅡ(カスタムタイプ)
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    天秤側を自作される人のための構成とした改造用のオモリ提供です。
    (現在準備中です。順次公開します。)
    「あれこれ写真集」

    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    投げ釣り キス釣り 引き重り オモリ
    「ブログにて最新情報を発信しています。」